読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借り初めのひみつきち

仮ブログです。

BIOS から UEFI へ

BIOS の時代はプレイヤーが多かった。

DOS の時代は BIOSDOS の一部として動作していたし、アプリから BIOS を直接呼び出すことも頻繁に行われた。
デバイスドライバは OS の作法を BIOS の作法に合わせるための薄いラッパーだった。

そういう時代だったので、 BIOS の動作も多くの人に直接関わった。


プロテクトモードの OS が主流になってくると、リアルモードでしか動かない BIOS は OS の一部から単なるブートローダーに役目が変わってきた。


そして UEFI の時代になって、万人が BIOS を呼び出す時代から Windows ブートローダーだけが UEFI を呼び出す時代になった。

Windows を起動する最小限のファームウェアさえ実装すれば、あとは Windowsデバイスドライバが直接ハードウェアを制御するようになった。

人目につかなくなった UEFI の動作を人々はまだよく知らない。